jigyouannai2

■デザインマネジメントとは?
デザインとは単に製品色や形を決定するだけでなく、経営理念や組織、制度、戦略など様々な事柄の設計を意味します。企業ブランドやコーポレート・アイデンティティ(CI)の確立、これらに伴う戦略の策定などといった、デザインマネジメントの目的は、デザインを企業の重要な経営資源としてとらえ、製品やサービスのレベル、イノベーション、これらを機能させる組織や戦略、社会とのかかわりなど、様々な仕組みをデザインすることです。

■デザインマネジメントの効果の例
・情報の共有  ・社内組織の統合  ・CI、ブランドの確立  
・リードタイムの短縮  ・一貫した社員教育  
・こられの効果によるコストの削減 など

■サービス(CI・VI策定支援、企業・商品ブランディング)
【CI戦略】:CI(コーポレート・アイデンティティ)は企業活動の中核となる概念です。単にどのような製品やサービスを提供するかだけでなく、企業全体がどのような目標に向かって、どのように行動するかを規定し、内外に知らしめ、実行に移すことによって、企業が一丸となって能力を最大限に発揮するための、重要な概念です。CI戦略デザインとして、このような概念の構築とポリシーを構築します。
[具体的な方法の例]
・企業環境調査  ・企業トップキーマンリサーチ  ・企業理念、行動理念デザイン  など

【VI戦略】:VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)はCIで構築された概念を、企業の内外に具体的に示す作業です。企業ロゴやブランドロゴ、商品ロゴによって企業や商品を知らしめるだけでなく、理念や特徴について企業の内外に、より明確に伝えていくものです。VIデザインでは、このような視覚の統一化により、企業をより解りやすく伝えます。
[具体的な方法の例]  ・企業ロゴ、ブランドロゴ  ・ロゴタイプ、コーポレートメッセージ  ・使用規定  など

【ブランディング戦略】:ブランディング戦略は経営戦略、マーケティング戦略の重要な要素となっていますが、これは単に名前をつけたり、パッケージのデザインを行うことではありません。CIを通じて構築された理念を、VIを通じて理解と認識を促し、市場における適切なポジショニングを行う総合的な作業です。ブランドデザインでは、これらの一連の作業を効果的に行います。
[具体的な方法の例]  ・企業ブランディング  ・製品、サービスブランディング  など

【戦略デザイン】:デザインマネジメントは、1.企業全体の方針を決定し、2.長期的ビジョン(戦略)を構築、3.戦略に沿った経営組織のデザイン、4.これらの実行プロセスの構築といった一連の作業を、直線的でなく、PDCAを通じたスパイラルとして行います。戦略デザインでは、これらに必要な概念や方法をデザインします。